中古車輸出業とは
こちらのページでは、これから「中古車輸出に特化したホームページ制作」でご自分の中古車輸出ホームページを作ったり、「中古車輸出業の実務講座」を受講したりして、中古車輸出業を始めようとしているあなたに、これから始めようとしている中古車輸出業という職業が、いったいどのような仕事なのかについてご説明いたします。

無料カタログに30,000円のクーポン券が付いています!

今なら、『中古車輸出業の実務講座』『中古車輸出に特化したWEB制作』お申込みの際に使用できる30,000円のクーポン券を無料カタログ資料をご覧の方全員に差し上げます。この機会にぜひ無料カタログ資料をご覧ください。

※中古車輸出業をはじめる方々への本格的なサービスのため、受講費用・制作費用ともにそれなりの金額いたします。ぜひ、クーポン券でお得にご利用下さい。

中古車輸出業は世界と日本の車をつなぐ車の輸出手続のスペシャリスト!
ご存知のとおり日本車はその品質から世界じゅうで人気があります。
私たち日本人はステータスだけでベンツを一番に選んでいますが、車が生活に直結している海外の人たちは、その実質的な品質から中古車でも良いから日本車に乗りたいと願っています。そんな海外のお客さまが希望、憧れている車を、日本国内市場にある自動車、中古車の中から探し出してきて、お客さまの国までその車をお届けする仕事が中古車輸出業です。良い車がお客さまのところに届けば、たいへん喜ばれるやりがいのある職業です。

一口に車のお届けといっても、日本から相手先の国へ届けるのは国を越えてのお届けになります。
国を越えるお届けに必要な作業としては、日本国内での輸出手続きに加え、お届け先の国によって様々な輸入規制があり、それに沿った輸入手続きなどが必要になります。単に宅急便に取りに来てもらうというわけにはいきません。それらの作業、手続きを円滑に進めて日本から遠く離れたお客さまの所へ無事に車を届けてあげることが、中古車輸出業者としての大切な役割なのです。

車探しから仕入れ、港への陸送手配に、官公署・船会社などに提出する各種輸出書類などを作成するとともに、輸出代行、車の相談業務も行います。様々な苦労をして海外のお客さまのところに良い車が届くのですから、車が届いたときのお客さまの喜びも大変に大きいです。

世界での日本車人気が急速に高まっている中で、社会的ニーズが高まっている将来性の高い有望な職業です。

幅広い業務範囲だから活躍の場を選べる

業務範囲は広く、活躍の場は多様にあると言えます。つまり、中古車輸出業の仕事は自分の得意分野を存分に活かして働くことのできるやりがいのある仕事なのです。その一部を以下にご紹介します。

異業種から、個人起業で中古車輸出業を始める

中古車輸出業の実務講座を受講しようと検討されている方から大変よくいただく質問の一つに、個人で副業で始めたいんだけど、専業主婦で家事の合間にやりたいんだけど、やはり中古車の大手企業とかがメインでやっている業界だろうから、個人で参入するなんて難しいですよねという質問があります。

中古車輸出は一台、一台輸出するビジネス

実は、中古車輸出業を始める方の比率は、企業、大手企業なんかよりも圧倒的に個人での起業が多いです。その理由は、新車に比べて中古車は一台、一台が全く違う商品だからです。新車の場合は同一車種の商品ならば、どの車も全て同じコンディションでしょう。しかし、中古車の場合は同一車種でも、左に凹みのある車もあれば、無傷の車もあります。一台一台全て違うのです。ですから、同一車種の車を3台まとめて発注されても、2台はほぼ新品だけど1台は左脇にわずかに損傷のある車になってしまうかもしれません。1台、1台毎の受注ですが個人も法人も関係ないのです。海外バイヤーもあなた個人と1対1で取引しているのです。

中古車輸出業務

海外から中古車オーダーを受注、仕入れ、輸出…日本車人気でニーズが高まっている。得意な英語、大好きな英語が仕事に活かせられる。海外バイヤーとあなたは1対1の取引が基本だから、英語が得意で気の利いたジョークで海外バイヤーを和ませながら商談を進めるのが得意なら、それだけほかの中古車輸出業者よりも、大手中古車輸出企業よりも、あなたにはアドバンテージができます。

個人でも英語が出来る、営業ができる、車に詳しい、女性バイヤーとの女子トークが上手、世界地理に詳しい、海外旅行が好き、世界の経済情勢は任せて、などなどあなた個人の好きなこと、得意なことが大手中古車輸出企業よりも海外バイヤーとの取引に有利に働く可能性が高い。

中古車買取業務

高価買取や愛車の無料査定など、テレビのCMや街中でも評判の業種、今後これからますます拡大していくと予想される分野。買い取った車と海外を結ぶ輸出要員としての貴重な人材。先ほど、個人でも自分の好きなこと、得意なことなどを活かして大手企業と対等に競争できると記載しましたが、これは逆にも言えることで、長年、国内で中古車の買取店をやっている企業、店舗さんならば中古車の買取り、仕入れに関してのノウハウはお持ちなわけで、そのノウハウを活かして海外で人気の車種、中古車を他者よりも仕入れられる技術があれば、それはそれで非常に高いアドバンテージになります。

オークション業務

入会の厳しい中古車オークション会場の会員権を取得していないと出来ないため、希少価値で安定経営が期待できる。ちなみに「中古車輸出業の実務講座」を受講したあなた、いやこれから受講しようと検討中のあなた、それに中古車輸出に特化したホームページを制作依頼しようと思っているあなたにまでも、全国100ヶ所以上のオークション会場に入札、落札できるオークション会場への推薦入会が受けられるチャンスがあります。(詳しくは中古車オークション会場ページをご覧下さい)

中古車販売業務

春夏秋冬、季節ごとだけでも春モデルなど年4回はモデルチェンジの激しい新車業界だけに、安定した人気が中古車業界にもあるのがポイント。国内で中古車買取店をやられている方だけでなく、こちらの中古車販売店をやられている企業、店舗の方も中古車に関する知識、仕入れのノウハウは他者の方よりも豊富にお持ちですよね。それも非常に高いアドバンテージになり得ます。

以上が、中古車輸出についての概要です。
ここまでお読みになって頂いて、なんとなくでも構いませんが中古車輸出業というお仕事についてご理解していただけたのなら幸いです。

中古車販売店、買取店、修理店の皆様へ

ところで、中古車販売店、買取店、修理店の皆様は、ここまでお読みになってみて中古車輸出というお仕事についてどのようなイメージを持っていただきましたでしょうか?

最近、テレビ番組やインターネット上の映像サイトなどで、海外の街の様子などが映し出されていませんか?よく見てると日本車が多く走っていることに気づきます。バスやワゴン車等は、日本語のロゴがそのままのものもよくあります。日本から輸出された証明書のような、一種ステータスになっています。

それくらい日本車の需要は世界中でとても高いのです。

売れん、しみじみ売れん

中古車の国内販売で行き詰まっていませんか?

日本の若者の車離れの話題を最近多く見聞きします。統計上の日本国内での自動車販売台数の減少傾向は、平均使用年数の長期化傾向によるもので、若者の車離れではないとする向きもありますが、自動車の販売台数が減っているのは事実です。

新車が売れなければ、当然中古車も売れなくなります。

最近、外国人のお客様が、あなたのお店に訪ねて来ませんか?実は彼らは海外バイヤー、もしくはその繋がりのある人達なのです。そこにビジネスのヒントがあるんです。今こそ、世界に向けてビジネスを始める時期です。

ここまで読んで頂いたら、おわかりになるかと思うのですが、中古車買取業務、オークション業務それに中古車販売業務、あとつけ加えるとしたら中古車修理業務、検査業務などがあげられます。これらについては、皆さんが日頃、国内のお客様を相手に日々の日常業務として既にやっておられることではないでしょうか。中古車屋の開業から新規顧客の取得、商談そして中古車を仕入れて、点検、検査などを行い納車。もうこの一連の流れについては、皆さんが自分の業務として身体にしっかり定着、身についてしまっているような技術です。
中古車輸出も、この基本的な一連の流れは全く変わりません。ただ違うところは、車のバイヤー、お客さんの居住地が日本国外の海外にあるということです。だから納車に船を貨物船、自動車専用船を使って納車する。そのための輸出手続きなど所定の手続きを済ます。それだけの違いです。

つまり、今既に国内で車屋さん、中古車販売店、買取店、修理店をやられている皆さんならば、改めて弊社で取扱っている「中古車輸出業の実務講座」など受講する必要などないです。御社に足りないものは「中古車輸出に特化したホームページ」だけです。
この中古車輸出に特化したホームページさえあれば、今すぐ御社にも中古車輸出は始められます。