よくある質問

受講生や受講前の方から寄せられたたくさんのご質問の中から特に多い質問をこちらに掲載させていただきました。

■一般的な質問
実際にお会いしてお話をお伺いできますか

このような熱心なご希望の方に、スケジュール超多忙のなか、お時間をお作りして、お会いしたことも過去にはありましたが、残念ですが現在では原則としてお断りしています。
お断りする理由は下記の通りです。

 

 

  • 本講座の著者自身が非常に多忙です。
  • 著者自身に、本講座を売り込み説得してまで、受講して貰う気は特にありません。
  • たまたま私共と感性が合った方に本講座は受講していただきたいと思っています。
  • 私共の広告は、常にそのような感性のあう方を探し続けています。
  • 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。


    有望なマーケットのノウハウをどうして講座で公開するの
    そんなに有望なマーケットならば講座でノウハウを公開せずに自分の会社だけで大儲けしてしまえば良いのでは…確かにおしゃる通りです(笑)。

    ですが、一業者だけで利益を上げ続ける時代はまもなく終焉を迎えるでしょう。海外からの業者たちは結構結束が高く、このままではこの極めて有望なマーケットから逆に日本人のほうが追い出されてしまいかねません。
    この講座を受講されある程度の知識と志を持った優秀な同業者が数多く誕生してくれる事、願わくばその方々と開業支援会を通じて結束してこのビジネスを守り育てていきたいという強い希望を持って本講座をスタートさせました。
    もし100人の同士が集うことが出来たならば、中古車輸出に付随した有望な事業計画も軌道に乗せることが可能なのです。
    皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております


    中古車輸出は月に200万円の利益って本当でしょうか
    我々の業界で、まあまあ一人前の輸出業者として認知されるには、月間30台位はと言われています。現在見込める標準的な粗利は一台あたり5~10万円位が多いようですので、掛け算をしてみると大体月の粗利が読めます。勿論、月間数百台~数千台輸出している業者も居ますし、副業的に5~10台と言った業者も大勢おられます。

    要は、貴方がおかれた環境とどのような目標を持って事業に取り組むかに掛かっています。
    講座のなかにも何人かの事業例を載せております。
    開業されてある程度の自信がついてきたら、中古車輸出業の組合に入られたら宜しいでしょう。現在130名ほどの組合員が加盟していますが、10~20台から 千台以上輸出している業者まで、さまざまの業態のメンバーが居ます。但し組合員になったからと言って仕事を教えてもらえるわけではありません。あくまで も、プロの集団です。
    本音は、協力業者であるとともに、競争業者でもあるわけですから。


    コンピューター操作は必須でしょうか

    必ずしも必須とは言いませんが、より有利にビジネスが展開できると言う点では、ぜひお勧めしたいです。現実には業界の殆どは未だにコンピューターを駆使して、と言う理由ではありません。但し、世界中の各地から、メールによる取引の申込が頻繁にやってきますので、メール操作ぐらいは覚えておいた方が宜しいでしょう。
    最近では中古車などの写真の送付にメールがよく利用されるようになってきております。この機会に思い切ってチャレンジされてみませんか。


    わたしは英語が苦手です、なんとかなるでしょうか
    駄目の程度にもよりますが、英語を見て頭痛やジンマシンが起こるようでしたら諦めたほうが宜しいでしょう。本講座を受講された方で開業支援会へもご入会された方には具体的な翻訳支援をいたします。ただ、当講師陣の希望としましては徐々にでもご自身で出来るように努力して頂きたいと思っております。現実には全く英語が駄目にも関わらず、英語の出来る従業員を雇うことで立派に儲けられておられる輸出会社の社長さんもおられます。貴方がどうしても英語が駄目ならば、身内、友人知人に手伝ってもらってなんとかなるかもしれません。実際には中学3年生程度の教科書レベルの英語でほとんど対応可能です。この機会に思い切って英語にもチャレンジされてみてはいかがでしょうか。詳しくは講座の中でも書かれています。(→関連項目「英語で仕事」)
    ■女性ならではの質問
    子持ちの主婦なのでなかなか外出できないんだけど…

    毎日のお子様のお世話大変ですね。

    でも子どもの喜ぶ笑顔を見ていると疲れなんか吹き飛んでしまうのでは…。子連れでの外出は手がかかるし、なかなか外出しづらくなるとは思います。ましてや仕事の外出に子連れで出かけるのは気が引けます。
    中古車の輸出業は、一般に車を港に運んだり、書類の手続きでお役所に出かけたりと頻繁に外出する仕事に思われてるかもしれませんが、実は却って自宅(事務所)で海外バイヤーとメールのやり取りしたり、書類の手続きしたりするほうが8、9割ぐらいを占めているのです。
    海外のバイヤーとのやり取りは主にメールが中心ですし、車探しや仕入れはネット経由でパソコン操作のみで中古車オークションから仕入れることが出来てしまい ます。仕入れた車は何も自宅に持ってくる必要はありません。そのまま輸出する港へ届けてもらえるし、船にも乗せてもらえます。詳細な輸出方法につきまして は講座テキスト内で、わかりやすく丁寧に解説されていますのでご安心ください。
    何も貴女が自分で出かけていく必要はないので、外出がままならない方でも安心して始められます。

    車の搬入とか船積みとかあるからネイルは厳禁なの?
    せっかく綺麗にしてもらったネイルアートが傷つくのや、やっとキレイに伸びたネイルを切るのは悲しいですよね。

    ご心配しないでください。中古車輸出業の貴女が、自分の手で車の搬入とか船積みをする必要性はまったくありません。貴女の仕事は海外の日本車を欲しがっている方々とメールや電話で交渉して、その方が欲しがっている要望の車にぴったしの車を探し出してあげて、輸出の手配をしてあげるのが業務です。実際の車を運んだり、船に積んだりする ことは一切ありません。


    私はビジネスをおしゃれして働きたいんだけど…
    やはり女性でしたら、可愛い服も着たいし、ビジネスだってきれいなスタイリッシュな服装で仕事したいですよね。

    車の輸出業なんて聞くと、車の下にもぐり込んでエンジンの調子をチェックしたり、毎日何台も何台も港まで車を走らせ続けなければならないから、おしゃれなんてしてたら服がエンジンオイルで油まみれになるからいやだなって思うかもしれないけれども、実はそういった作業をされるのは、その手の専門業者さんの仕事なのです。中古車輸出業の 仕事というのは、海外には燃費が良くて壊れにくい日本車を欲しがっている方々がたくさんいるのです。そういう海外の方々に日本の中古車マーケットから希望 する車を探してあげて、それを輸出してあげる仕事のことなんです。
    だから特に車の下にもぐり込む必要もないし、エンジンオイルで油まみれになることもないから、着ている服が汚れる心配もありません。可愛いメイクにピアスして、可愛いミニスカートや自慢のヒールでスマートにビジネスすることも十分可 能です。どうぞ安心してビジネスファッションをお楽しみください。


    車の業界って男性中心の業界なの?
    どの職業でも言えることかもしれませんが、今はもともと男性の方が多かった職業に、どんどん女性が入ってきて活躍されています。中古車輸出業の業界も例外ではなく、毎年多くの有能な貿易業者の女性が進出してきています。

    アガスタという会社をご存知ですか。中古車の輸出業務を行っている会社で、最近上場まで果たした会社です。こちらの会社は、まだ中古車輸出業界に女性の存在がめずらしかった頃に、女性二名で創業された会社です。
    貴女もぜひ、男性にはぜったい気づくことの出来ない、女性ならではの細かい気配りで-中古車輸出業界-に一石を投じるような有能なビジネスレディとして独り立ちされてみてください。


    私、車のメカとかが苦手なのですが…
    車の運転はするけど、メカニックには弱いっていう女性の方は多いと思います。

    しかしながら中古車輸出業というのは、燃費がよく壊れにくいと言われ、海外で評判の良い日本車を欲しがっている海外の皆さんに、彼らに代わって貴女が、彼らの要望にぴったしの車をたくさんある中古車マーケットの中から探し出してあげて、日本語の出来ない彼らに代わってその車を仕入れてあげて、手続きを済ませて彼らの国に輸出してあげるのが業務です。
    なので、特に車のメカに強くなければならない必要などありません。むしろ男性では気づかない、こんなところに小物入れが付いている、あんなところに化粧直し用の鏡 が付いているなどの女性ならではの気配りで、その車の売りを発見して海外のお客さんに接してあげてください。もちろんメカに強い女性の方はその特技を活か した仕事の展開が可能ですし、子育て中の女性の方は子育ての観点から見た使い勝手の良い車を探し出してあげられますし、中古車輸出業は貴女の持つ特技や個性、これまでの経験を存分に活かせるビジネスなのです。

    ■輸出講座についての質問
    受講後、開業する場合にはサポートしてくれますか
    受講者には、開業支援会というサービスをご用意させて頂いております。但し、本講座の資料があれば、充分自力でやっていけるだけのノウハウは全て網羅してあるはずです。

    せっかく頑張って開業されるのならば、ぜひ自力で頑張ってみられることをお奨めします。余計な経費も掛かりませんし…。


    私にもこのビジネスが出来るでしょうか

    なんとも返答に窮する質問ですが、初心者にとって一番聞きたいのはこの辺りなのでしょう。残念ながら、肝心の「私」に関してはこちらに何の情報(能力、性格、資金力、「私」を取り巻く環境、人生経験など)もありませんので、返答いたしかねます。

    但し、本気で独立してやっていかれるのなら、このビジネスに限らず、たとえ普通の能力の人でもある程度以上の努力はしていただかなければなりません。

     

     

  • 知恵のある奴は知恵を出せ
  • 金のある奴は金を出せ
  • 何もない奴は汗を出せ!!
  • 貴方はどのタイプですか?
  • 圧倒的に多いのは汗のタイプでしょう、ただ、努力は必ず報われるビジネスであると確信しております。当社も十数年にわたってこのビジネスで生きてまいりましたし、これからも続けてゆく所存です。


    このビジネスの競争相手となるものは
    商品の面から見ますと、他商品の場合では、例えばこの機械はドイツと競争しなくてはとか、アメリカと競争しなければとかといったことがありますが、日本の中古車は唯一日本だけの商品であり、日本製のパーツで、日本の熟練工が仕上げた車の完成度は、海外のパーツを多用し、あちらの工員が仕上げた車に比べて、はるかに評価が高いものです。又、日本人は車を丁寧に乗る傾向が強く、程度品質の高い中古車が多いので、その点でも人気は高いのです。従って現在商 品的に見て、ヨーロッパ車やアメリカ車に負けるきずかいはありませんし、価格的に見て韓国車を脅威だと言う人もおりますが、新車のうちはまだしも、2~3 年もすれば基本的な性能の違いが露呈されて競争にはならないでしょう。

    一方、人的な面から見た競争ということであれば、やはりパキスタンを中心とした東南アジアから日本に出稼ぎにやってくる輸出業者を無視するわけには行かなくなりました。我々日本人の輸出業者がもっと頑張らなければ、せっかくの良いマーケットを蹂躙されてしまいかねません。
    その意味でも、日本のガッツある業者の進出を期待したいところです。


    受講料が高いのでもっと安くならないですか
    一生の仕事になるかもしれない本物のビジネスのノウハウに、この程度の金額を惜しむのでしたら、おやめになられたほうが賢明です。

    ラーメン屋の加盟店になって、設備や店舗のような物に払う数百万は高くはないが、麺やスープ、経営のノウハウに払う数十万は高いと思うような人は、そもそもビジネス自体が無理でしょう。事業にとって一番大事なものは何かを理解できず、情報の価値を評価できない方には本質的にこのビジネスは向いていません

    今受講したとして、いつ頃までに何とかなるでしょうか
    これほど難しい質問はありません、貴方の才能、環境、経験、努力の度合い、資金力、協力者などによってかなり結果が違ってくるからです。

    また「何とか」の内容にもよるでしょう、月に50万もあればという人もいれば、何とか500万、1,000万は欲しいなどという人もいるでしょう。受講後4~5ヶ月で30台、7~8ヶ月で月に100台などという方も中にはおりますが、特殊な例といえるでしょう。当講師陣としましては、受講者皆さんに、一年 で 20~30台くらいは出来るようになって欲しいとは思っております。


    ■受講後、開業してからの質問
    開業時に事務所や駐車場は必要ないのですか
    必要ありません。

    講座においても詳しく記載しておりますが、会社として大掛かりに取り組むのであれば別ですが、あなたが専業で従業員も2~3人ぐらいまで、月間50~60台程度までなら、むしろ在庫を持たないほうが良いでしょう。
    オークション等で仕入れた車をどこにどのように保管したら良いのかなどのノウハウについては講座にて詳しく記述しております。

    再び駐車場、事務所についての質問です
    実質的なビジネスを考えれば余計な出費は極力避けるべきでしょうが、それでも尚独立の証として事務所を持ちたいと言うのであればこれはまさに趣味の問題でしょう。その余裕のある方にはあえて反対はしませんが、私なら一台でも多く仕入れ資金にまわします。

    また、駐車場についても講座の中で詳述してありますが、あえて持ちたいと言うことであれば反対はしません。余裕があればその方がゆったりとした営業が出来るでしょうが、月々の賃料と駐車車輌の管理に余計な手間が掛かるようにもなります。
    駐車場も事務所も無くてもやってはいけますが、有って困ると言うものでもありませんので、受講者それぞれのお好きなように、というのが本当のところです。

    ビジネス以外で開業して得られるものはなんですか
    著者には、海外に数多くの友人知人がおります。

    熾烈なビジネスのやり取りで、時には喧嘩をもした仲です。ニュージーランド、スリランカ、カリブ諸国、アフリカ諸国などなど、世界各地の人々と異文化交流を持てます。世界各国の女性たちと服装やおしゃれなどのファッション談義に花を咲かせてみてください。国によって異なる子育ての方法などを知るチャンスになりますから、自分の子の子育て教育にも新しい発見が得られるかもしれません。貴方にも、観 光旅行だけでは味わえない、外国に本当の友人を持つ幸福を味わえるようになってもらえれば、と思っています。